当ブログで、たまに登場する閑話休題、今回も、珍しい?面白い?看板など見つけました。 
まずは、夕張市で見つけた小学校跡の石碑、クイズ番組ではありませんが、おかしい箇所があります。
お分かりでしょうか?
 
夕張市清水沢」 (1)
 正解は、閉校月日!!
昭和64年は1月の上旬(7日)で終わり、翌日から平成に元号が変わりました。
昭和64年の3月は存在しないんです。
これは、教育的指導が入りますね(笑
これは自身の予想ですが、石碑を作成中に平成になってしまい、作り直す予算も無いのでそのままになった。
という大人の事情があると思われます。

さて次は、どこの駅の時刻表?
ここは、けっこうニュースにも登場したので、ご存知の方も多いと思われます。

札沼線廃線跡DSC00745 (18)

正解は新十津川駅、札沼線の終着駅です。
かつて、1日上下1本づつしかないことで有名?だった「上白滝駅」は廃止になり、今は日本一本数の少ない駅でしょうか?(臨時駅など除く)
一日一善は聞いたことがありますが、一日一本・・・、
ちなみに下りの到着は午前9:28、僅か12分の停車だそうです。 鉄道で訪れると12分間では観光もできない?
乗り遅れると24時間待ち、列車で探訪すると、日本一危機感に煽られる駅です。

ただ、列車だけと思うなかれ、バスにも一日一便がありました。
ここは、以前にも少し登場しましたが、北広島市にあるバス停

島松駅逓所跡、防空壕 (3)

平日と土日の時間が違うだけで、一日一便

最後は、泊村でみつけた面白い場所
「ライマンの肉貯蔵庫」、
ライマン

昔は冷蔵庫が無かった時代、色々工夫していたようです。
説明にあるベンジャミンと聞いて、「ベンジャミン伊東」を思い出す方は、年代がバレバレです。
ここは、観光パンフレットに記載があるもの、案内看板が無く辿り着くのが難しい
ネットでも殆ど情報が無いようです。
看板、作ってえ~



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/838-8b4825de