今回は、以前1度探検しながら未発見に終わり、再訪して発見した抗口編
大人の事情により!!?により、場所は・・・。
頼もしい助っ人兼探検仲間である☆さん、数泉者さんとの合同探検でアタック、まずは以前徒歩で探検した炭鉱跡へ、
ここから、ズリ山経由で沢を遡る作戦

U、W,Y炭 (9)
 かつては、この街を代表する大規模炭鉱だったが、付き物である炭鉱事故が引き金となり閉山した。
現在は、立坑跡と外壁だけとなった廃墟が佇む寂莫とした風景、夏はブッシュに覆われてしまう
編集の都合上、春と夏の画像が混載します。

U、y炭 (14)

ここから、鹿道とズリ山を目印に未知の世界へ突入、沢沿いのブッシュを掻き分ける秘境探検ルートとなった。
目指す抗口までは400m程、今回は数泉者さん持参のGPSと、アナログながら自身の地形図を利用する万全の態勢
後で分かったことだが、崖の上に鹿か熊の獣道があり、それを利用すると楽に行けた!!!
初めての探検場所とはそういうもの、 足腰の運動になったと思えばいいのだ。
途中に発見したのは円形のシックナー、原形を留めないほど崩壊が激しい

U市町村、Y抗 (7)

U市町村、Y抗 (6)

夕抗 (2)

目指すY抗までは、あと200m
ゴミや空き缶なども無く、ここまで来る探検者は殆どいない様子、体力の消耗も激しいなか、先行する数泉者さんが指をさしている。
錆びた配管の先に見えたのは埋められた抗口!!、風雪で横の部分が崩れ丸見えになっている。
加藤 茶の「チョットだけよ~」(古い)の域ではない、モロ見え状態、、、、、同じく「あんたも好きね~」と言われそうだが、自身も大好きである。 
             次回へつづく

U、Y抗 (1)

U抗 (10)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/844-b9b91e45