fc2ブログ
 定山渓温泉からの廃線跡は意外に痕跡が残っており、林道としてまだ使えるレベル、百松橋付近では国道と接近して消滅しているようだ。百松橋を渡ると、岩崖の突き出た独特の山容が印象的な神威岳(983m)への登山口があるはずだが、老朽化のため渡れなくなっていた。

定山渓鉄道跡 (18)
この先に一の沢駅があったハズと痕跡をウロウロ探すが、傍から見れば不審者扱いされそうだ。
駅跡は現在私有地の畑になっていて痕跡も人気も無い、うかつに近づくと番犬に吠えられるので注意?
めげずに周辺をリサーチすると橋梁跡を見つけた。 しかもレンガ造りと歴史的な臭いがプンプン漂ってくる。
画像では分かりにくいが、しっかりとした土台跡と廃線が確認できる。

定山渓鉄道跡 (19)

定山渓鉄道跡 (21)

廃線跡はこのまま渓谷沿いを進み小金湯温泉駅へと続いているので、またしても文明の利器で先回りして(ズルではない)、この温泉周辺からリサーチしてみる。
小金湯温泉は、1887年(明治20年)に開湯された歴史ある温泉で、現在は2件ほど宿がある。 ちなみに定山渓温泉は1870年(明治3年)に開湯されている。
付近をリサーチすると、ひっそりとした廃線跡に遺構を次々発見、車道工事で駅跡は残っていないが、キロポストや錆びた看板などが散見される。

定山渓鉄道跡 (24)

定山渓鉄道跡 (23)

定山渓鉄道跡 (22)

看板は読み取り不能、キロポストはハッキリ残っていた。札幌市から22kという意味なのか?

定山渓鉄道跡 (25)

この先の市街地方面へは、八剣山を見上げながら延びていたようだが痕跡は少ない
また少し先回りして、滝ノ沢駅付近から辿ってみた。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/885-8a08e030