fc2ブログ
 当別町側からの旧青山隧道を探検し、今度は新十津川町側から旧道を辿ってみる。
現青山トンネルを抜けると、すぐ左側に廃道化したブッシュと排水工事がされた石段があり、そこを強行突破する。
旧道はすでに40年以上ほったらかし状態なため樹木も成長、このまま自然に還る運命なのだろう、倒木や枯れ木のトラップを交わしながら進むと左にカーブした辺りで明らかに人工のコンクリート壁が見えた。

旧青山トンネル (6)


ここから付近を探すが・・・、見当たらない?、土砂崩れで埋もれたかな~と諦め気味に足元を見ると、この穴は?

旧青山トンネル (14)
アーチ状の形が僅かに土から見えており、試しに覗くと何と洞窟の様にトンネルが続いている!!間違いなく旧青山隧道だ。
付近の状況から判断すると、廃道後に石やコンクリートなどを積んで塞いだが完全でなかったため、長年の風雪と斜面からの土砂も加わり崩壊してこの状況になったと思われる。 封印が解かれたように暗闇が続いていて、先ほど見た入り口側から僅かな光が漏れている。 内部は、やや泥濘状態ながら保存状態も良く突入もできそうだが、

旧青山トンネル (15)

旧青山トンネル (11)

ただ忘れてはいけない、今いるのはあくまでトンネルの最上部付近で高さが2m以上はある。
入口付近もコンクリートの壁で、うかつに飛び降りると一人だと上がってこられない・・・・・これは地味に恐怖、上がれなければ遭難死を意味する。
探検される方は、ロープ類を持参のうえくれぐれも自己責任でお願いします。

旧青山トンネル (12)
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://hikyoutaki.blog.fc2.com/tb.php/966-bb30eed2