春先の4月に三笠市をうろついていると、丘の上に怪しい施設跡を見つけた。
いわゆるRC製の施設でパイプ菅なども見える。 この挑戦!?受けない訳にはいかない
周辺は空き家と空き地が目立つ炭住街で週末ながら人もまばら、直下には廃道らしき道跡があり辿ってみる。

三笠弥生上水道施設 (2)

... 続きを読む
 車道を横断するようにパイプ菅が延びている。 
この付近がいわゆる中枢部で施設が立ち並んでいた場所、精錬所跡や本抗などがあるハズだ。
この日は5月の連休中だったが行き交う車も少なく探訪者も無し、今回も孤独な探検です。
藻別川の対岸に探検意欲をそそる遺構群が見え隠れ、、突入しないわけにはいかない!!
*探検については危険箇所もあるため自己責任でお願いします

鴻ノ舞鉱山 (37)


... 続きを読む
 年末と正月もあっという間に終わりすでに過去のこと、時間の流れが速いこと早いこと?
自身は例年通り?年末の高校駅伝に始まりスポーツ観戦で終わってしまうパターンです。
最近は、高校スポーツが何故かお正月に集中している(ラグビーとサッカーに加えバレーボールも参戦)
今日はサッカーとラグビーの決勝戦ですが、試合開始(TV中継も)が被る事態、高体連の皆さん少し考えて~、TV中継も少し増やして~(せめて北海道勢の試合はライブ中継してほしい)
ちなみに、ラグビーとサッカー、駅伝は北海道勢の優勝がありません

前置きはこの辺で、今回は遺構好きなら一度は行っておきたい鴻之舞鉱山跡の記録です。

鴻ノ舞鉱山 (39)
... 続きを読む
 廃墟奥にコンクリート製の遺構を発見、、六畳ほどのスペースで仕切られ苔の多さが年月を物語る。付近に民家が並んでいたようで、ブッシュを探すと水道関のような遺構と基礎跡が僅かに残っていた。
集落跡で間違いないと思われる。 どこに遺構があるか宝探し?、探検眼が鍛えられそうです。

千歳市藤の沢集落 (3)
... 続きを読む
 千歳市には藤の沢地区と呼ばれる集落があった。
とある資料によると、大正3年頃(1914年)から居住者の記録があるようで、主に造林業の造材基地や牛の放牧が行われ、2度の戦争を経た全盛時の昭和30年代には、事務所なども建ち並び最大で約20戸100人程の暮らしがあったようだ。
昭和34年に小中学校(分校)が開校したが最大でも10数人だったようで、僅か8年足らずの昭和42年に廃校となり、住民も昭和40年代後半には去り廃村となった。 
今はどうなっているのだろう?、廃村探しか骨折り損か探検してみた。

千歳市藤の沢集落 (16)

... 続きを読む